みどりこども園について

特徴/理念

家庭的な環境で、いのちを大切にする子どもを育てます

すこやかなこころと、元気なからだ。
みどりこども園は、子どもたちの「未来をつくるちから」を育みます。

特長/理念 イメージ1

健康的な子どもを育てます。

すこやかな カラダづくりのため、裸足・薄着保育を実施しています。
(冬期の酷寒時の園庭の遊びは運動靴を履きます。)

裸足になることは土ふまずの形成、人間本来の持つ運動能力の向上、つぼを刺激することによる健康維持と増進、足の指の機能を高めることによるバランスの調整などに良いとされており、20余年の実施で確実な効果を得ています。

特長/理念 イメージ2

異年齢児保育を実施しています。

  • 年齢別保育と縦割保育を交錯させて保育します。(4, 5歳児の縦割りで音楽・絵画・体育のクラブ保育をしています。)
  • 3歳児以上は毎月1回自然を求めて園外保育に出かけます。
  • 食育教育に取り組んでいます。
  • 園庭の菜園でつくる喜び、収穫する喜び、そして自然の恵みのありがたさ を体験します。
  • 月1回、年齢に応じてクッキーやサラダをつくって、切ったり、こねたり、炒めたりするクッキング保育をしています。
特長/理念 イメージ3

自然からたくさんのことを学びます。

絵本を子どもに読んであげたり、与えてあげても、目に見える効果はすぐには得られません。
しかし、

  • 感じる心を育てる
  • 想像力を育てる
  • 言葉の力を育てる
  • 人間関係を育てる
  • ストレスを発散する
  • 生き方・考え方を学ぶ
  • 知恵を学ぶ
  • 思考力・判断力をつける
  • 間接(疑似)体験を増やす

これらを習得・経験することによって、絵本目標の”生きる力”となっていくと私たちは考えています。